札幌市南区澄川にある歯科・歯医者/咬み合わせ専門外来/よこやま歯科/一般歯科、小児歯科、審美歯科、義歯(入れ歯)、ホワイトニング、むし歯治療、歯周病治療

北海道札幌市南区澄川5条3丁目9-10

月・火・木・金 9:30~12:30/14:00~19:00
9:30~12:30/14:00~17:00
9:30~12:30
日・祝 休診

011-832-6565

お電話の際は、「サイトを見た」とお伝えください

web 予約

歯周病治療

歯周病とは

歯周病は細菌による感染症です。歯周病菌と身体を守ろうとする防御機能とのバランスが崩れると発症、進行します。日本の成人の約80%が患っていると言われている歯周病。実はとても怖い病気だということをご存知でしたか?

歯周病はむし歯などと異なり、痛みなどの自覚症状がほとんどありません。そのため、気付いた時にはかなり進行しており、抜歯しなければならないことが多々あります。進行すると、歯茎を支える歯槽骨が破壊され溶けてしまい歯がぐらつき、最後には歯が抜け落ちるだけでなく、その歯周病菌が脳梗塞や心筋梗塞の原因になることもあるのです。

こんな症状はございませんか?

  • 朝、口の中がネバネバする
  • 歯茎が腫れている
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯と歯の間に隙間ができている
  • 歯の根っこが見える
  • 歯が赤くなる
  • 膿が出る
  • 歯が痛い、かゆい
  • 口臭がする
  • 歯から出血がある

このような症状がある場合、歯周病が進行している可能性があります。

歯周病は早期発見・早期治療が大切です。歯科医院での定期的な検診、歯石の除去やクリーニングを行い、お口だけでなく全身の健康を守ることをこころがけましょう。

歯周病はこうして進行します

  1. 歯周病菌が歯の側面に付着し、プラークを形成します。

  2. プラークが歯石に変わり、歯茎が弱り歯周ポケットが出来ます。歯茎が赤くなり腫れてきます。

  3. 歯石がどんどん大きくなり、歯周ポケットもそれに合わせて大きくなります。歯槽骨が溶けて後退してきます。

  4. 歯槽骨で歯を支えられなくなり、抜歯する必要があります。

歯周病と全身疾患

歯周病はお口の中だけの病気と考えられがちですが、歯周病が全身にもたらす影響、全身の疾患が歯周病に与える影響についての研究が進められています。最近では歯周病が脳梗塞や・心筋梗塞などの原因となる動脈硬化につながり、糖尿病を悪化させることがわかってきました。

歯周病と心疾患

歯周病の人は、心疾患を発症するリスクが高いことが報告されています。特に狭心症と心筋梗塞と関係していることが明らかになりました。

狭心症は心臓の血管が狭くなることによって起こり、心筋梗塞は完全に詰まることで起きる病気です。これは歯周病によって歯茎で産生された炎症性物質が血流を介して心臓血管にも影響を及ぼすためと考えられています。

歯周病と糖尿病

歯周病は糖尿病と相互関係にあります。歯肉から血管内に侵入した歯周病菌は、大抵は死滅します。しかし、死骸が持つ内毒素(エンドトキシン)は残り、TNF-αの生産を強化します。TNF-αの濃度が高まると血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを邪魔します。

赤ちゃんを歯周病から守るために

妊娠している女性が歯周病にかかっていると、早期低体重児出産の確率が高まると考えられています。歯周病菌が血液で運ばれ羊水の中に入ると、免疫細胞は赤ちゃんを守るため歯周病菌を攻撃します。その際に放出される活性物質が子宮を刺激し早産につながるおそれがあるのです。妊娠を予定している方は、赤ちゃんへの感染を防ぐためにも歯周病の検査・治療を受けることをおすすめします。

進行度別の歯周病治療

よこやま歯科では、削らずに再生できるむし歯を見極めて治療を行っています。削らないためにフッ素を塗布し歯の再石灰化を促す方法や、自由診療のドッグベストセメントという方法を行います。ただし、すべてのむし歯が削らずに残せるわけではありません。

軽度歯周病(歯肉炎・歯周炎)の場合

スケーリング

スケーラーと呼ばれる器具を用いて、普段のブラッシングでは除去できない歯や歯の根に付着した歯垢(プラーク)や歯石を除去する治療方法です。歯石は、歯垢が石灰化したものです。スケーリングによって歯垢や歯石などの汚れを徹底的に除去することで、歯周病の発生を防ぐことができます。基本は機械で除去しますが、細かい部分や痛みがでそうなところは手で取っていきます。

中度歯周病(歯周炎)の場合

ルートプレーニング

中度まで進んだ歯周病の場合、しっかりと歯茎の中の歯石を取らないと進行は止まりません。そこでスケーリングに加え、ルートプレーニングという処置が必要です。歯茎の奥の見えない部分にある歯の根(ルート)に付いた歯垢や歯石を特殊な器具で除去する方法です。歯や歯の根の表面がツルツルになり、歯垢や歯石などの汚れが付きにくくなる効果もあります。

重度歯周病(歯周炎)の場合

重度まで歯周病が進行している場合、スケーリングやルートプレーニングだけでは状態が改善されない可能性があります。その場合は、感染部分を取り除く外科手術を行います。また歯周ポケットが深く、器具が届かないと歯茎を開いて清掃する必要があります。歯石の除去がおわった後、歯周病で溶けてしまった骨を回復させる歯周組織再生治療を行うこともあります。

歯周組織再生療法(エムドゲイン法)

歯周組織再生療法(エムドゲイン法)とは、エムドゲインゲルを歯槽骨の溶けた部分にいれることで骨を再生させる歯周外科処置です。

歯周病菌へのアプローチ

位相差顕微鏡の検査結果をもとに患者様のお口の状態に合った治療を行います。

カビも細菌も多い
抗菌薬内服・抗真菌薬で歯磨き
カビが多く、細菌は少ない
抗真菌薬またはカビに効く歯磨き剤で歯磨き
カビも細菌も少ない
感染予防のためのメンテナンスと定期検診

抗菌薬“ジスロマック(アジスロマイシン)”の服用

ジスロマック(アジスロマイシン)は1日1回2錠を3日間服用します。

歯周病菌に対し強い抗菌力を発揮する抗生物質です。強く長期的に抗菌力を発揮することができるうえ、副作用が非常に少ないことが特徴です。

抗生物質“ハリゾン”の服用

ハリゾンは抗生物質で口腔内のカンジダ菌を除去できます。

歯周ポケット内にはカンジダ菌というカビの一種が潜んでおり、これが歯周病菌の住処になります。歯ブラシにつけて磨くと、ご自宅で行うこともできます。