札幌市南区澄川にある歯科・歯医者/咬み合わせ専門外来/よこやま歯科/一般歯科、小児歯科、審美歯科、義歯(入れ歯)、ホワイトニング、むし歯治療、歯周病治療

北海道札幌市南区澄川5条3丁目9-10

月・火・木・金 9:30~12:30/14:00~19:00
9:30~12:30/14:00~17:00
9:30~12:30
日・祝 休診

011-832-6565

お電話の際は、「サイトを見た」とお伝えください

web 予約

親知らずの抜歯

そもそも親知らずとは?

親知らずとは、永久歯が全て生え揃ったあとに前歯の中央から8本目に生える歯のことです。多くの方は20歳頃に生えてきますが、近年は親知らずがもともとない方も増えています。

現代の人はあまり硬いもの噛まず顎が小さいため、親知らずの生えるスペースがないことが多いです。そのため横や斜めに生えてきたり、歯茎が被っていたりと、きれいに生えません。そうすると歯磨きがうまくいかず、虫歯になったり、細菌が溜まり歯茎が腫れたりすることがあります。

親知らずが生え始める20歳前後の抜歯をおすすめします。特に女性の方は妊娠出産の時に痛みが出ても、すぐに抜歯できないこともあります。早めに親知らずを抜歯することによって、トラブルの原因を取り除きましょう。

親知らずは必ず抜歯しないといけないのか

親知らずは必ず抜かなくてはならない歯かというと、そうではありません。他の歯と同じように機能している場合は、抜かないことがほとんどです。近年は、親知らずがもともとない先天性欠如(せんてんせいけつじょ)の方も増えています。生えかけの親知らずがこのままでいいのか心配という方は、まずは当院までご相談ください。

抜歯せずに様子を見る親知らずの例

  • 完全に深い位置に埋まっていて、腫れ・痛みが無い場合
  • 一部歯が出ていても、腫れ・痛み・虫歯が無い場合
  • 親知らずの汚れを十分に管理できる場合
  • 少し、腫れたり、違和感がある程度の場合
  • 正常に生えている場合
  • 将来、ブリッジの支台として利用できる場合
  • 抜歯同時移植に利用できる場合
  • 矯正移植に利用できる場合
  • インプラント矯正で移動させ、利用できる場合

抜いたほうがいい親知らずとは?

よこやま歯科では、削らずに再生できるむし歯を見極めて治療を行っています。削らないためにフッ素を塗布し歯の再石灰化を促す方法や、自由診療のドックベストセメントという方法を行います。ただし、すべてのむし歯が削らずに残せるわけではありません。

削らずに治療するむし歯

斜めに生えている

親知らずの手前の歯が健康で、親知らずが横や斜めに生えている人は、早めの抜歯をおすすめします。親知らずがまっすぐ生えていないと、周囲に細菌が溜まりやすくなります。そして手前の歯がむし歯や歯周病になることが多いのです。

咬み合う歯がない

まっすぐに生えた親知らずでも、噛み合う歯が無ければ、対する歯茎(上の親知らずなら下の歯ぐき、下の親知らずなら上の歯ぐき)にあたるまで伸びてしまい、痛みを引き起こすことがあります。

骨のなかに埋まっている

骨の奥に入り込んでいる親知らずです。歯を割って抜歯をするため、歯茎の切開後に覆っている骨の除去が必要です。神経に歯の根が絡んでいるかなどをCTで確認します。

骨のなかに埋まっている

骨の奥に入り込んでいる親知らずです。歯を割って抜歯をするため、歯茎の切開後に覆っている骨の除去が必要です。神経に歯の根が絡んでいるかなどをCTで確認します。

親知らず抜歯の流れ

「親知らずの抜歯はなんだか怖い」と不安な方も多いのではないでしょうか。治療前の不安を少しでも解消できるよう治療の流れをご紹介します。

  1. レントゲン写真撮影

    まずは診断のためレントゲン撮影をします。つぎにお口の中の様子を確認します。必要に応じてCT撮影で骨の状態、歯神経や血管と歯の位置関係を正確に把握します。

  2. 診断に基づく説明

    抜くべきか、様子観察するかを理由とあわせて丁寧にご説明いたします。抜歯の場合はこれからの治療の流れと目安の処置時間をお伝えします。最後に抜歯の予約をして終了です。

  3. 抜歯前の処置

    当日に口頭で体調確認をいたします。体調が優れない場合は、無理に治療をせず後日に予約を取ります。細菌が入らないよう周囲の歯のクリーニングをし、抜歯に入ります。抜歯後の穴を洗い流したうえで、縫合します。

  4. 抜歯

    歯の埋伏の度合いに応じて、歯肉の切開・歯の周囲の骨を削る・歯自体の分割などを行い、抜歯します。抜歯後の穴を洗い流したうえで、縫合します。

  5. 抜歯後の処置

    麻酔は1時間半~4時間程度で切れます。麻酔が切れた後の痛みを和らげるため痛み止めを処方します。痛みが引かないなど不安な点があった場合は当院にご連絡ください。

  6. 抜歯翌日

    腫れがないか縫合部分をチェックし消毒を行います。抜歯後3日間は腫れることが多いですが一週間ほどでおさまります。

  7. 抜糸(一週間後)

    縫合した糸を抜くためご来院いただきます。